岩手三菱自動車販売株式会社「2014年7月1日。岩手三菱自動車が誕生しました」IWATE MITSUBISHI MOTOR SALES

アナタの車は大丈夫?日常点検とユーザー責任

日常点検とユーザー責任

アナタの車は大丈夫?日常点検とユーザー責任

ぜひ知っておいてください。
あなたの、『日常点検』と『ユーザー責任』

昨今の日本では、平成7年7月の法改正による「6ヶ月点検の義務づけ廃止」「12ヶ月点検、 24ヶ月点検(車検)の点検項目簡素化」の実施をはじめ、現在検討されている「車検期間の延長」など、自動車の性能向上にともなって自動車ユーザーが"義務"として整備工場に支払う費用が少なくなる傾向にあります。

これらは自動車ユーザーにとって非常に嬉しいことです。 しかし!こういった動きの中で必ず『ユーザー(使用者)責任』という言葉が一体となっていることを忘れないで下さい。

ユーザー責任とは??

従来の法律は、言わば「小学校の給食」のようなものでした。学校側は栄養面などを考慮したメニューを用意し、生徒全員が同じものを食べるのです。 しかし規制緩和によって、「学校が用意するのはゴハンだけです。おかずはそれぞれ好きなものを自分で用意して下さい」という流れになりました。

それによってユーザーは「今日は節約のために梅干だけでいいや」とか「最近疲れているからスタミナのつくものを食べよう」といったように、『自分の責任』のもとでメニューを決定することが出来ます。

例え節約のために毎日梅干だけを食べ続けて栄養失調になったとしても、 それは自分の責任です。
つまり「日頃の体調管理(クルマの日常点検)は自分の責任でしましょう」 ということになったのです。

日常点検ってどうやるんだっけ?? 日頃やってないと忘れてしまいますよね。
自動車学校で習ったことを思い出しながらやってみましょう!

さあ、メンテナンス!

「しばらくオイル交換をしていない」とか「ヘッドライトがひとつ切れた」といったクルマの状態を一番よく知っているのは、使用者であるユーザーです。 従って理想を言えば、使用者が工具を持って自分のクルマを整備すれば一番いいのですが、現実はそうもいきません。

岩手三菱ではご予算に応じた点検・整備はもちろん、必要であれば日常点検のアドバイスなどもお教え致します!お気軽にお問合せ下さい。

安全なドライブの為に

クルマには、日常点検のほかにも大切なことがたくさんあります。
日頃の疑問や忘れかけていたことも思い出せるかも

ページトップへ